2017年07月12日

プラチナカード入会のお誘い!?

plutinumCard .bmpplutinumCard .bmp

クレジットカード

何枚お持ちでしょうか。日本人の平均は3.2枚ぐらいなんだそうです。

沢山持ってたところで管理も大変だし年会費もかかるしポイント貯める効率も落ちるのでそのぐらいが適当なんでしょう。

私はメインで使っているのと、念のために作ったもののほぼ使用機会のないサブの2枚です。

メインの方は見た目も綺麗なゴールドカード。年会費もちょっとだけ高いんですが、ポイントの還元率や各種割引率なんかを計算すると実質的には無料のようなものです。

サブの方は年齢が上がると新規カードの発行審査が厳しくなるなんてことを小耳に挟んであわてて作ったものの、一部固定費の支払いぐらいにしか使ってなくて、月額1マン、年間10万をこえるようなことはいちどもなかったはずなんですよね。

そんなサブカードに「プラチナカード」へのインビテーションDMが届きました。

なんで?マトモに使ってないのよ?ゴールドだって審査に落ちそうなのに、プラチナ??

DMの中身は確かにプラチナカードへのお誘い。

ほんとんどお目にかかったことのないようなご立派な冊子が同封されています。中身を見るまでもなく高級感にあふれています。

冊子の中身はプラチナカードのサービス内容の紹介。

なんというか、リアリティのない雲の上の世界の話みたい。

年中海外旅行へ行きまくって、食事毎に何万も支払う習慣があるんなら、あるいは年数万の会費は高いものではなんでしょうかね。

缶コーヒーを定価で買うのに躊躇するような生活をしている身としては、本当になぁんの関係もありません。


クレジットカードのステージングには通称クレヒスとよばれるところのクレジットヒストリーなる使用履歴が重視されるはずでした。
それなりの金額を使って停滞なく支払い続けたという記録がある一定基準を超えると次のステージのインビテーションが行われる。

年10万にみたない使用金額でプラチナというはかなり不思議なんですが、ネットで調べてみると類似事例があるようです。

つまり、大方の予想通りなんでしょうが、年会費が目的なんでしょうとのこと。

クレジットカードはそれを保持しているだけでステータスがあった時代から、誰もが持っている時代ではゴールドカードがステータスの象徴でした。

しかし比較的簡単に入手できるようになると、当然ステータス性は下がります。そこで次はプラチナってことなんでしょう。

これは同じスキームでブラックとかパラジウムとかクリスタルとかどんどん増やせば、いくらでも会費を上げていけそうです。

真偽はわかりませんが、ありそうな話ではあります。

個人的には年会費数万払ってコンシェルジュサービスを享受するような予定は当面?何もないので、折角ではありますが、今回のお誘いはスルーさせていただきます。

宝くじでもあたんねぇかなぁ〜
posted by SSS at 01:00 | 日記 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする