2017年07月08日

メアリと魔女の花



スタジオジブリで「借りぐらしのアリエッティ」「思い出のマーニー」で監督をした麻呂こと米林宏昌さんの監督作品です。ジブリ退社後に設立したスタジオポノックで作った第一作目の長編アニメ作品。

スタッフのほとんどが宮崎ジブリ作品に関係したことがあるということからも、このスタジオによる彼の作品が正統な宮崎後継足りうる資格があるのには異論ありません。

しかし、残念ながら、それを名乗れるほどに面白くもないのです。これまで監督した2作品が宮崎自縛によるものであったとの言い訳が成り立ったとしても、今作品がこんなに面白くないとなると今後は興行的にも成立し得なくなるんじゃないかと要らぬ心配さえ気になってしまうぐらいの酷さです。

主題「メアリと魔女の花」であり、キャッチコピー「魔女、ふたたび。」にあるように、ジブリ代表作である「魔女の宅急便」を彷彿とさせるものです。ホウキに乗った少女が黒猫を連れて飛び回るシーンは魔女の宅急便のそれそのものです。

真正面から同じ方向性で宮崎作品越えを狙うというのは、戦略的にはありえたかもしれません。しかし失敗に終わりました。乗り越えるどころか当たって砕け散ったかのようです。

その他にも、ナウシカ・ラピュタ・トトロ・紅豚・もののけ姫・千と千尋・ハウル・ポニョといった宮崎作品の名シーンをそのまま使ったかのようなシーンが目白押しですし、それらの作品とイメージの重なるキャラクタや声優たちも沢山出てきます。その目的はなんなのでしょうか。

仮に、宮崎アニメのファン作品として無料動画サイトにでも投稿されていたのなら、あるいは楽しめもしたのかもしれません。しかし、宮崎後継者と目される人が、ジブリを継ぐはずの新スタジオで、第一作目の劇場公開作品としてつくった作品です。呆れてため息しかありません。落胆します。

この作品を通して見えてくるのは、作品の凡庸さであり、過去の宮崎作品の偉大さばかりです。絶賛されてきた宮崎作品ではありますが、このようにあからさまな比較対象が出来てしまうと、いよいよレベルの違いが明白になってしまいます。

無理矢理に本作品の意義を挙げるとすれば、宮崎作品の傑出した素晴らしさを再確認させてくれるところでしょうか。


次回作への期待もありません。むしろそうした期待を無くして見た方が楽しめるってことなんでしょうか。そんな作品を見に劇場まで行くともおもえませんが。






posted by SSS at 23:30 | 映画 2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする