2017年06月18日

2017年 ル・マン24時間レース トヨタ雪辱ならず

最も夏至に近い週末、つまり、最も夜の時間が短い夏の始まりの頃、フランスはル・マンにあるサルテ・サーッキトで開催されるのが、世界3大レースの一つ、ル・マン24時間レースです。

昨年の大会ではトップを快走していたトヨタが残り3分というところで車両トラブルによるリタイア。ほとんど手中に収めかけていた総合優勝の栄誉を得ることはできませんでした。

その雪辱を晴らすべく臨んだ今年の大会。予選ではコースレコードとなる素晴らしい速さをもってポールポジションを獲得。多くのファンの期待を集めるに充分な結果でした。

決勝レースは日本時間6月17日の土曜日午後22時にスタート。順調にレースを展開していきます。24時間の全てを日本語放送でみるには有料契約が必要なのですが、スタートからの3時間と翌日曜の午後13時からゴールまではトヨタが無料でネット公開。その途中も各所で無料ストリーミングが公開されていました。いい時代になったものです。

トヨタが順調にレースしているのを確認して就寝。翌朝に順位を確認すると、2台はマシンを止めて事実上のリタイア、残る一台はトラブル対応でピットに2時間いたということで優勝争いから脱落。レースを半分消化するまでもなく敗退が決まりました。結局はそのままライバルチームであるポルシェが総合優勝となりました。

レース後のトヨタ社長のインタビューで来年の雪辱を誓ってらっしゃったので、来年もトヨタの挑戦が見られることでしょう。スタッフたちには、また長くて短い一年の始まりです。

posted by SSS at 23:59 | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする