2017年04月27日

ゴールデンウィークは久しぶりに「赤毛のアン」でも見ようか



今更なにも付け足すこともないんですが名作「赤毛のアン」の映画化作品です。

Youtubeに上っていたトレイラーを見る限りでは期待できそうです。上映スクリーン数がちょっと少ないのが気がかりではありますが。

原作はカナダの女性作家モンゴメリの小説で、これも世界中で大ヒットした作品です。これまで何度も映像化されていますが、日本では「世界名作劇場」で放映されたアニメ版が最も有名でしょう。若かりし頃の宮崎駿が携わっていたことでも有名です。

このアニメ版はほとんど原作通りなので、アニメを見た後に小説を読むと、これまた面白かったりします。

それではと原書に挑戦するとなかなか難しい。子供向けなので文法などは簡単なのですが、ほとんど他では見かけないような単語がワンサカと出てくるのでちょっとウンザリしてきます「Gables」なんてここ以外では見かけたことありません。こんながいっぱいです。内容はアニメ版や翻訳版で熟知しているので読み飛ばしてもストーリーは追えるんですが、苦労の割に読んだ気にはならないのが残念。

なお、英語の原文はこちらのサイトから無料で読めますよ。 http://www.gutenberg.org/ebooks/45

書籍の方が読みやすくはあるので、上記で確認して大丈夫そうなら是非挑戦下さい。



なお、小説版もシリーズとして9冊ぐらい出ています。一冊目の「Anne of Green Gables(赤毛のアン)」がダントツに面白くて以降は読むのが辛くなるぐらい退屈ですが8巻目の「Rilla of Ingleside(アンの娘リラ)」ぐらいからまた急に面白くなったりします。


posted by SSS at 21:17 | 映画 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする