2017年04月09日

F1 第二戦 中国グランプリ

初戦のオーストラリアが公園を閉鎖して作られる特殊なコースなのに対し、第二戦となる上海インターナルサーキットは専用のコースであり各車の性能がはっきりと分る筈であったが、今年は雨がらみでイマイチ良くわかりませんでしたが、傾向ははっきりしてきました。

金曜日 練習走行
小雨だが濃霧のためにドクターヘリが飛べないということで午前中は早々に中断で午後は中止。最も周回数が多かったマグヌッセンで8週。悪天候のなかでサーキットまで駆け付けたお客さんが最も可哀想でした。

土曜日 予選
予選は完全ドライ。メルセデスとフェラーリとの接戦を制してハミルトンがポール。2位ベッテルと3位ボッタスとの差は1000分の1秒。この4台がトップグループで第二集団にレッドブル・ウィリアムズ・ルノー・フォースイディア・ルノーぐらいか。第三集団でザウバー・ハース・マクラーレンが争う感じ。そんな中でアロンソの13位は賞賛に値する順位。

日曜日 本選
ハーフウエットの難しいコンディションで始まったレースは最初からクラッシュ続きで黄旗・バーチャルセーフティカーに実車のセーフティカーと大混乱。あれこれ審議も続いてみていて良くわかりません。
そんな中でもポールのハミルトンは後続との距離を測りながら盤石の優勝。同チームのボッタスはセーフティ中にスピンという失態で最後尾に落ちて結果6位。表彰台をフェラーリ2台とレッドブル2台が争い結果2位ベッテル、3位は予選マシントラブルで16位グリッドから13台抜いたフェルスタッフェン。
マクラーレンはバンドーンが序盤早々に燃料系トラブルでリタイア、アロンソは終盤まで入賞圏内を維持するもドライブシャフトのトラブルでリタイア。2台リタイアとはなったがその原因がエンジンではなかった。

次戦は連戦でバーレーンでの開催。4戦まで転戦が続きます。
posted by SSS at 21:42 | F1 2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする