2017年04月07日

Ghost in the Shell



日本の漫画「攻殻機動隊」はテレビアニメ化され、劇場版も作られている人気作品です。今回はハリウッドにより実写化され、その出来に注目が集まっていました。

アメリカでは既に公開されており、残念ながら酷評され大コケの様相。その原因の一つが「ホワイトウォッシング」との批判。日本人役を白人の「スカーレット・ヨハンソン」が演じることがアメリカでは受け入れられなかったようです。当の日本人が歓迎しているのに当のアメリカで批判されるというのは変なものです。

日本の公開初日に3D吹き替え版を鑑賞してきました。上映時間の都合であり意図的に選んだわけではないですが、正解だったようです。アニメ版の吹き替えを担当した声優さんでアテレコされてました。

主演のスカーレット・ヨハンソンはとても良かったです。違和感もなかったですし、ストーリーから彼女が白人であることの理由もわかります。批判の矢面に立たされたヨハンソンは二度と人種の異なる役はやらないなんて言ってるようですが、はまり役と言ってもいいぐらい似合ってました。興行的にも失敗しているので続編はないでしょうが。

予告編から醸し出される安物B級感は全くなくて、全編にわたって素晴らし映像が続きます。見どころとなる派手な演出もありますが、それにもまして世界観となる背景なども細部にわたって見事に表現されています。ニューヨークと東京(日本)と香港とが良い感じに混ざった近未来感が見事です。

それで映画が面白ければいいんですが、そうでもないのが残念なところ。以下のような理由があるかと思います。

4.少佐が無能で公安9課もチームとして機能してない。主人公は実世界でも電脳世界でも圧倒的パワーを持っている役どころの筈なんだけれども、そんなこともなくただ普通。光学迷彩以外に取り柄がないように見えてガッカリでもある。特殊能力者が集まってるはずの9課はバトーがちょっと活躍するぐらいでほとんど出番なし。なんでだ?

3.綺麗で印象的なシーンを繋いだだけでメリハリのない演出は最初から最後まで一本調子に見えて飽きてくる。もうちょっとハリウッドらしい演出あるでしょ。残念というかモッタイナイ。

2.荒巻役のビートたけしは出番も多く活躍の場も多いのだけれど、一番世界観になじんでなかった。日本語で演じていたようで吹き替え版でもアテレコなしでそのまま使われていたが、滑舌の悪い棒読みは世界観を壊すという悪影響でしかない。知名度だけで配役しちゃ駄目なんだよね。日本語版ならちゃんと声優を当ててほしかった。

1.脚本が良くない。ツマンナイ。世界観が小さいし、何の問題の解決にもなってなくてカタルシスの欠片もない。漂白ばかりが批判されちゃってるけれど、そんなのどうでも良くて、本当に問題なのはこの退屈な脚本でしょう。折角面白い題材があるのにこんな矮小な作品にしちゃってさ。

これから鑑賞を予定されている方は、ストーリー云々するのはやめて、頭をカラッポにして映像美だけ追うのがいいかもしんない。それ以上ではないよ。

なお、日本では劇場版アニメの作成が決まったようです。STAND ALONE COMPLEX Solid State Societyの時と同じ神山さんが監督されるとか。こちらに期待しましょう。

posted by SSS at 21:53 | 映画 2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする