2017年07月16日

Power Rangers



ゴレンジャーに始まる日本の特撮戦隊ヒーロー物は、アメリカでパワーレンジャーと名を変え大ヒットしてたんだって。本作はその戦隊ヒーロー物の映画版に当たります。邦題は原題そのままですね。

予告編を見て楽しみにしていたのですが、有名映画サイトのレビューを読むと厳しい内容も多くて躊躇してましたが、時間があったので見てきました。

覚悟してましたが、いい意味で予想に反して面白かったですよ。

確かに、ヒーロー5人は演技は上手くないですし、カメラワークは下手ですし、CGも手抜きっぽい箇所が目につきますし、なにより皆の行動原理が浅くて拙いんですが、どれも映画を破綻させるほどではないです。

前半はノンビリペースでスタンドバイミーをしてます。5人の背景がそれぞれ描かれる訳ですが、ひとり10分で小一時間。掘り下げて描くにはとても短いですが、合計すると小一時間です。どうやったってこんなものでしょう。

後半はトランスフォーマー張りのCGをフンダンに使った戦闘シーンです。文字通り全員が一体となって敵に立ち向かう。王道のヒーロー物です。こうした戦闘シーンを想定していた人には前半のスタンドバイミーがかったるくてストーリーが進まないなんて不満が出るんでしょうね。はじめからこういう作品だって知っていればそれなりに楽しめます。

既に続編の作成も決まっているようなので、とりあえず気になる人は見ておいたほうがいいかもです。

ちょっと気になったのは、日本の戦隊ものは男4人に女1人の構成ですが、アメリカでは男3人に女2人になるのと、チームの構成が白人黒人アジア人ヒスパニック系にインド系と人種に配慮していかのような点ですね。
日本ではよくわかりませんが、いろんな人種に配慮しつつもキャプテンは白人男性ってのは問題ないんでしょうか。

それより気になったのがアジア人枠が日本人ではなくて中国人による中国人役なのね。近年のハリウッドではこうした大作もののほとんどに中国系の資金が入り込んでいて、きっとこれもそうした影響なのかなと感じるんですよ。オリジナルが日本なんだから、そこは日本の俳優でしょうにと。

それ以前に、こうした作品、つまり戦隊ものを題材とした子供向けではないものを日本で作っておくべきじゃなかったのかと考えるのよ。ゴジラではハリウッド物もありましたが、邦画もそれ以上に素晴らしい作品が作られました。こうした戦隊ものもハリウッド版に負けない大人も楽しめる邦画を作ってもらいたいと思うんですよ。

posted by SSS at 03:45 | 映画 2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする