2017年06月27日

我的特工爺爺 The Bodyguard (おじいちゃんはデブゴン)



ジャッキー・チェンやユン・ピョウ等と並び、香港アクション映画界の全盛期を彩ったアクションスターであったサモ・ハン・キンポー。

最近は技術指導など裏方の仕事が多かったようですが20年振りの監督復帰で主演もするとのこと。撮影は2014年だったはずなので当時62歳ぐらいかな。還暦過ぎてますがまだまだ第一戦のアクションを見せてくれるはず、と思ったんですが。

サモハンという名前だけで見逃せないのですが、そろそろ上映終了と聞いて慌てて観てきました。

退役軍人ディンことサモハンが、ギャングやマフィア相手に無双するってな内容なのですが、如何せん全く面白くない。

初期の認知症で始まり、往年のコメディタッチは微塵もなく、遅々として物語は進まず、後半のアクションも期待を大きく裏切る出来、最後は本格的な認知症で終了。誰でもわかるような伏線がそのまま回収させれドッチラケでもあります。そもそも何のために大立ち回りしたんだっけ?腑に落ちない展開ばかりでウンザリです。

なにより、動けるデブ、笑えるデブってのが前提の筈だったでしょう。特撮や演出で誤魔化してはいますが、本当に全然動けてません。往年のアクションとは言いませんが、主役を張るんなら30キロの減量ぐらい必要だったんじゃないのかな。あまりに肥満が過ぎて病的にすらみえます。

これが集大成なら余りに悲しい。パクリまんまでいいので香港版REDでも作ってほしいよ。

posted by SSS at 02:43 | 映画 2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

F1 第8戦 アゼルバイジャングランプリ



カスピ海西岸に位置するアゼルバイジャン共和国。カスピ海に突き出た半島にある首都バクーの市街地で開催されるグランプリ。
ヨーロッパグランプリと冠されて開催された昨年に続き、今年で二回目の開催。モナコを思わせる狭く入り組んだ通りと、長い直線区間とをつなぐ全長6キロのコース。
典型的なストップアンドゴーのサーキットなのでエンジンパワーが重要になる。ホンダは開催前から言い訳が入っていることからやぱしダメなんだろうことは伺える。

木曜日 練習走行
いつものメルセデス・フェラーリを除くとレッドブルの調子が良い感じ。このコースに合うマシンなのかエンジンのアップデートが上手く行っているのかはわからない。
メルセデスエンジンを積むウィリアムズやフォースインディアも上位に付ける。改良型エンジンを持ち込んだというホンダも悪くはなさそうだが上位で争えるほどでもない。予選からは旧エンジンに戻して改良型は次戦投入とのこと。

土曜日 予選
アロンソはペナルティで40グリッドだかの降格が決まっているので、予選順位の意味もない。観る方も興味無くすしドライバーもやってられないのは良くわかる。
上位陣ではハミルトンが異次元の速さでポール獲得。ボッタスが二位につけてメルセデスが一列目。二列目フェラーリで、5位のフェルスタフェンを挟んでフォースインディアの2台とウィリアムズの2台が付ける。

日曜日 決勝
セーフティカーが何度も入って黄旗は何度も振られ、久しぶりに赤旗中断まであってゴッチャゴチャ。詳細は上動画のハイライトでご確認。

1位リカルド 予選10位から17位まで順位を落とすもその後は淡々と周回を重ねてたらいつのまにやらトップでゴール
2位ボッタス 2位スタートで周回遅れまで順位を落としてもそこから粘って最終ラップの最終コーナーからの立ち上がりで2台抜いての2位入賞
3位ストール 8番手からスタートでトラブルに巻き込まれず気が付けば表彰台。18才での入賞はベッテルに次ぐ若さ。文句なしの棚ボタだがそれを含めて素晴らしい。
4位ベッテル セーフティカー明けに前車のハミルトンに突っ込む。それに激高して自車をぶつける暴挙で10秒ペナルティ。おとなしくしてりゃ優勝だったのに。
5位ハミルトン 余裕綽々の展開だったのにヘッドレストの部品が外れて予定外のピット作業で順位を落とす。残念。
6位オコン ペレスと揃って表彰台だって狙えたのに同士打ち。モッタイナイ。

アロンソはレース前には完走が目標なんて言っていたが大荒れの展開を掻い潜って一時は5位を走行。結局9位だったが初入賞となりました。


次戦は2週間後のオーストリアグランプリ。ホンダはここで改良型の投入を宣言しています。これでまた信頼性が足らないとか、パワーが足らないとか問題山積ならマクラーレンはメルセデスエンジンに乗り換えを決めちゃうやもしれない。

posted by SSS at 01:49 | F1 2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

エンパイア読者が選んだ映画ベスト100

イギリスと映画雑誌「エンパイア」の読者投票により選出された100作品。

こういうのは誰がどう選ぼうと異論反論あって一致を見ることないんだけれど気にはなるんだね。

観てない作品は意図的なんでいいんだけれど、見逃してた作品は改めて見直そうなんて思ったりする。
知らない作品が紛れてたりすると、ちょっと驚かされたりする。古い作品や非英語圏の作品でもこんなところぜ選出されるぐらいのを知らないってのがね。

読者投票ということで比較的最近のヒット作が多いのが特徴。原題のタイトルを挙げられても邦題が思いつかなかったりするのが難しいところ。原題と邦題との問題はこういうところでも関係してくるんだよね。

オリジナルサイト(The 100 Greatest Movies)では全100作品が100位から紹介されています。英語ですが全作品にジャケットが付いているので知っている作品はスグにわかりますよ。

ここでは30位まで紹介しときます。

1. The Godfather

2. Star Wars: Episode V − The Empire Strikes Back

3. The Dark Knight

4. The Shawshank Redemption

5. Pulp Fiction

6. GoodFellas

7. Raiders Of The Lost Ark

8. Jaws

9. Star Wars: Episode IV − A New Hope

10. The Lord Of The Rings: The Fellowship Of The Ring

11. Back To The Future
12. The Godfather Part II
13. Blade Runner
14. Alien
15. Aliens
16. The Lord Of The Rings: The Return Of The King
17. Fight Club
18. Inception
19. Jurassic Park
20. Die Hard
21. 2001: A Space Odyssey
22. Apocalypse Now
23. The Lord Of The Rings: The Two Towers
24. The Matrix
25. Terminator 2: Judgment Day
26. Heat
27. The Good, The Bad And The Ugly
28. Casablanca
29. The Big Lebowski
30. Seven
posted by SSS at 23:28 | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする