2017年05月31日

都心のど真ん中に千本鳥居

千本鳥居.jpg

千本鳥居というのは上の写真のようにズラッと鳥居が続く参道のことで、特に京都の伏見稲荷大社が有名です。

とはいえ、伏見稲荷大社だけではなくて、規模の大小こそあれ、各地の神社などにもあります。

実家近くの神社(お稲荷さん)にも結構な数の鳥居が並んでいました。

上の写真は赤坂にある日枝神社のもの。国会議事堂からもTBSがある赤坂サカスからもあるいてスグの立地にある大きな神社です。

その山王鳥居と呼ばれる大きな鳥居のある表参道ではなくて、裏手にある稲荷参道という小さな抜け道のようなところに千本鳥居はありました。

日枝神社には何度か参拝したことがあったのですが、今まで全く気が付きませんでした。

興味ある方は、日枝神社のホームページに境内案内図がありますので、そちらを御参照下さい。

真夏のような汗ばむ陽気でしたが、稲荷参道は涼しい風が吹いてました。
posted by SSS at 00:32 | 日記 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

佐藤琢磨がインディ500で優勝の快挙



ヨーロッパを中心に世界中を転戦するのがF1シリーズ。アメリカ国内を中心に卵型を特徴とするオーバルを中心に行われるのがインディシリーズ。フォーミュラカーとしての二大レースカテゴリです。

F1でホンダエンジンを積むマクラーレンチームに所属するフェルナンド・アロンソ選手がモナコグランプリをキャンセルして同日行われるインディ500に参戦したことから、今年のインディは例年以上に注目を集めていました。

また地上波で無料で観れたころは熱心に観てたのですが、いつのまにやら放送時間帯があり得ない深夜に追いやられ有料チャネルでしか放映されなくなって久しいですが、アロンソの件もあり、今回は久しぶりにライブ観戦してみました。

全33台が出走しますが、以前観戦していた頃に活躍していたドライバーやF1参戦暦のあるドライバーも多く半分ぐらいは顔と名前がわかりました。注目は予選5番手につけたアロンソと4番手につけた佐藤琢磨の2名です。

レースは観戦していて面白いものでした。F1ではコース上での追い抜きが殆どなくなっていますが、インディではトップが目まぐるしく替わりますし、10番手ぐらいに順位を落としてもスルスルと順位を上げてあっという間にトップに戻ったりします。トップを走ることは燃費に良くないし、リードを築いてもスグに黄旗赤旗でマージンがチャラになるのであまり重要でもないようです。

アロンソ選手はトップ走行も含めて常に上位につけて、本当に優勝もあり得るかと思っていた矢先の最終盤でエンジンブローによるリタイア。そもそもがホンダエンジンの不調でF1をマトモに走れずインディに来たのに、同じホンダエンジンのブローという原因でのリタイアですから心情察するに余りあります。それでも充分に堪能したようで、きっとまた参戦しに戻ってくると思います。

アロンソのリタイアで落胆したところでもう一人の注目していた琢磨選手がトップを走るカストロネベスを猛追、残り5週でトップに出ます。その模様は上の動画にありますが、二人のトップ争いは本当に熾烈でしたが、琢磨選手がそのまま逃げ切っての初優勝となりました。

世界三大レースの一つを日本人が制するなんて歴史的快挙ですよ。

琢磨選手おめでとう!


posted by SSS at 21:52 | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

F1 第6戦 モナコグランプリ

ヨーロッパラウンド2戦目となるモナコグランプリはモンテカルロ市街地をサーッキトに仕立てた超低速コース。世界三大レースに上げられる伝統の難コースなんだけれども、現代F1でレースをするには無理なのもまた事実。コース上での追い抜きが出来ないので予選とアクシデント発生時の戦略と反応とが大事になる。

木曜日 練習走行
通常は金土日で開催されるのだが、モナコだけは金曜にレセプションがあるので木土日での開催となる。フェラーリ・レッドブルに続きトロロッソが絶好調。低速サーッキトに向いたマシンなのかもしれない。メルセデスはどうも合わない感じである。

土曜日 予選
ライコネンが9年振りのポールで2位にベッテルが入ったのでフロントローはフェラーリ二台が並ぶ。3位にボッタスが付けるがハミルトンはQ2でのイエローに引っかかりまさかの14位。追い抜きが出来ないコースでこの順位は非常に厳しい。前戦スペインで大幅なアップデートを施したマクラーレンはここでも好調を維持しアロンソの代役バトンとバンドーンとが揃ってQ3進出の快挙。但し、バンドーはQ2でマシンを壊したし、バトンはPUの既定外交換により最後尾出走となる。残念だがいい傾向。

日曜日 決勝
路面温度50度を超えると言われる割にはどの車もタイヤに熱を入れるに苦労しているようだ。ほぼスタート順のまま追い抜きもないパレードを半分見せられてウンザリしているころに急にあわただしくなる。トップを独走していたポールのライコネンに対しタイヤ交換を遅らせたベッテルがピット戦略でポールに立ちそのまま優勝。ライコネンは2位につける。期待のスポット復帰のバトンはエリクソンと絡んでリタイア。バンドーンもセーフティカー明け早々にクラッシュしてリタイア。ポイントが見えていただけにもったいない結果となった。

ピット戦略でベッテルが逆転できたのは、多分フェラーリチーム側の意図的な操作でしょう。ライコネンは初めからそのつもりなのか、釈然としない遺恨を生んだのかはまだわかりません。いずれにしろ見ていて気分のよいものでもないのは事実。これってチームオーダーでしょうに。

次は二週間後のカナダグランプリ。超高速ストレートがありエンジンパワーがモノを言うレイアウトでもある。調子を取り戻したかにもみえるホンダエンジンがどこまで復調したのかを確かめられるレースとなるはず。但し、決勝開始は日本時間で午前三時から。視聴するには早めに就寝して早起きするか、月曜有給が必要となる。

posted by SSS at 00:55 | F1 2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする