2017年04月30日

F1 第四戦 ロシアグランプリ

ソチオリンピックが行われた会場後に建設された新しいサーキット。今年で4回目の開催になります。ロシアと行っても緯度はイタリアのフィレンツェやモナコと同程度。冬期オリンピックのイメージがありますがこの時期は全然寒くないそうです。ちなみに決勝が行われた日曜日の気温は25℃だそうなので東京と同じぐらいでしょうか。

金曜日 練習走行
絶好調のフェラーリがトップを占め、それにメルセデスが続きます。ロングランでもフェラーリのタイムが良いようで決勝にも期待が持てました。
一方、前戦のバーレーングランプリの後に行われた合同テストで順調な結果を出したホンダエンジンを積むマクラーレンは相変わらずの順位。とりあえず周回数だけは稼いでいるようなので信頼性は増したのでしょうか。

土曜日 予選
Q1をギリギリで通過したアロンソはQ2では全く歯が立たず15位。これが限界なんでしょうか。フェラーリから移籍した当時はマクラーレンホンダでキャリアを終えるツモリなんて話でしたが、三年契約が終了する来季以降はどうなるかワカランなんて言い出したようで、まったくレースにならない状況に我慢も限界なのでしょう。
ポール争いはセッティングが決まらないハミルトンに対し、ボッタスはソチではチームメイトに負けなしの実績どおりでボッタスがハミルトンのタイムを上回るも、それをフェラーリの2台が上回るタイムを更新してベッテルがポールでライコネンが2位となりました。フェラーリのフロントロー独占は実に8年振りだそうです。そうかもしれない。

日曜日 本選
フォーメーションラップでアロンソがマシンを止める。今のところ原因不明だがエンジン(PU)が原因らしい。
スタートを決めたのはボッタスでフェラーリ2台をかわしてトップに躍り出る。下位でパーマーとグロージャンとが絡んでセーフティーカー。波乱はこれだけ。あとはグリッド上の追い抜きもタイヤ交換の戦略を絡めた追い抜きもなにもなくパレードが延々と続く。
終盤でベッテルがボッタスを激しく追い上げるも追いつくのが精一杯でボッタス初優勝。実に退屈でもある。

今年は車両規則が大きく変わったことにより、レース中の追い抜きが更に困難になるとの予想がありましたが、これまでのところその予想通りとなってしまっています。予選でほとんど決まってしまうレースに関心が薄れるのはしょうがないこと。人気低迷が叫ばれ続けているF1で自身等が決めた規則で更に退屈なレースにしてしまっていてはダメでしょう。困ったものです。

とりあえず、初優勝のボッタス、おめでとう!
posted by SSS at 23:58 | F1 2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

ゴールデンウィークは久しぶりに「赤毛のアン」でも見ようか



今更なにも付け足すこともないんですが名作「赤毛のアン」の映画化作品です。

Youtubeに上っていたトレイラーを見る限りでは期待できそうです。上映スクリーン数がちょっと少ないのが気がかりではありますが。

原作はカナダの女性作家モンゴメリの小説で、これも世界中で大ヒットした作品です。これまで何度も映像化されていますが、日本では「世界名作劇場」で放映されたアニメ版が最も有名でしょう。若かりし頃の宮崎駿が携わっていたことでも有名です。

このアニメ版はほとんど原作通りなので、アニメを見た後に小説を読むと、これまた面白かったりします。

それではと原書に挑戦するとなかなか難しい。子供向けなので文法などは簡単なのですが、ほとんど他では見かけないような単語がワンサカと出てくるのでちょっとウンザリしてきます「Gables」なんてここ以外では見かけたことありません。こんながいっぱいです。内容はアニメ版や翻訳版で熟知しているので読み飛ばしてもストーリーは追えるんですが、苦労の割に読んだ気にはならないのが残念。

なお、英語の原文はこちらのサイトから無料で読めますよ。 http://www.gutenberg.org/ebooks/45

書籍の方が読みやすくはあるので、上記で確認して大丈夫そうなら是非挑戦下さい。



なお、小説版もシリーズとして9冊ぐらい出ています。一冊目の「Anne of Green Gables(赤毛のアン)」がダントツに面白くて以降は読むのが辛くなるぐらい退屈ですが8巻目の「Rilla of Ingleside(アンの娘リラ)」ぐらいからまた急に面白くなったりします。


posted by SSS at 21:17 | 映画 予告編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

F1 第3戦 バーレーングランプリ

バーレーンはペルシャ湾に浮かぶ小さな島国。目ぼしい観光資源もないのでF1の開催には力を入れているとのこと。日本からは直行便もないしF1以外の観光地もないので観戦ツアーも(ほとんど)ない。沙漠の中にサーキットなんて作って本当に開催できるのかと訝られていたけれど、今年で13回目の開催となりました。日暮れにスタートしナイトレースとしてゴールするのが特徴。昼は暑いからね。

金曜日 練習走行
各チームとも順調に周回を重ねるなかで、相変わらずマクラーレンだけ調子悪そう。ドライコンディションでの貴重な実走機会なのに周回を重ねられない。いつも通りである。
人工光の下のマシンは印象がだいぶ違うようで、ウィリアムズやトロロッソやハースのマシンはいつもより速そうに見えます。フォースインディアやルノーは逆にドン臭い感じです。マクラーレンはアロウズのマシンみたい。

土曜日 予選
練習走行ではメルセデス・フェラーリ・レッドブルの三つ巴なんだけれども、実際に予選が始まるとメルセデスが速い。7戦連続ポール記録がかかるハミルトンとバーレーンでチームメイトに負けなしのボッタスとの一騎打ちはボッタスの勝利で初ポール。マクラーレンはアロンソが辛うじてQ2に進んだものの、Q2での出走能わず。本当にいいとこなし。

日曜日 本選
初ポールのボッタスはタイヤに問題を抱えているようで終始ペース維持できず3位入賞。ピットレーンで故意に遅く走ったことでペナルティを食らったハミルトンは2位。セーフティーカーのタイミングが悪かったけれどメルセデスのチグハグに助けられてベッテルは今季2勝目。アロンソは残り2周でリタイアなるも完走扱い。バンドーンは出走すらできず。
アロンソは「人生のなかでこれほどパワーのないマシンでレースをしたことはない」「いずれにしても僕らはあまりに遅すぎる。予選でも決勝でもそうだ」など文句も言うが前向きな姿勢で取り組んではいたが、流石にこんな為体チームにウンザリしたのかモナコ欠場でインディ出走なんて冗談みたいな話が現実化したようです。

バーレーンではレース後の水曜日木曜日とテストの予定であり、ホンダはここで改良型エンジンを持ち込むと言われています。テスト結果が良ければ二週後のロシアグランプリに投入されるのと観測ですが、果たしてどうなるでしょうか。

昨年型のフェラーリエンジンにすら歯が立たず、信頼性もなく完走すら覚束ないエンジンを早々になんとかしてほしいところ。結果が良ければいいんですが。
posted by SSS at 23:42 | F1 2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする