2016年08月29日

F1 第13戦 ベルギーグランプリ

3週間の夏休みを挟んでの後半戦のスタートとなるベルギーグランプりは、多分ドライバーからも観客からも最も人気のあるスパ・フランコルシャン・サーキットで開催されます。最近の似たり寄ったりのコースとは異なり、100年近く前に作られたレイアウトは山岳地形そのままに高低差を活かしており、特に第二コーナーから一気に坂を駆けのぼるオー・ルージュはドライバの度胸試しの場でもありました。最近のF1ではここを全開で駆け抜けて行くんですから驚きです。

金曜日 練習走行
三週間の夏休みとはいえ、開発が止まる訳ではないので、休み明けの金曜は新たに開発されたパーツのお試し会となります。ホンダもパワーユニットの改良を行ってきましたが、他のチームと比べてどれだけ有利になるのかが気になります。
各チームもいろいろ持ち込んだ部品の確認などそれぞれ目的が違うのでタイムだけでは判断できませんが、レッドブルとフェラーリが調子良さそう。

土曜日 予選
シーズンを通して使えるエンジン数を超えるとペナルティということでハミルトンとアロンソは最後列が決まってます。予選でタイヤを使っても無意味なのでQ1で早々に敗退です。ポールはロズベルグで相変わらずですが、以下レッドブル2台フェラーリ2台との差は以前ほどではありません。辛勝だったと言ってもいいくらいです。その次の6・7位にメルセデスエンジンを積むフォースインディアが来ています。バトンがメルセデスエンジンを積むウィリアムズに割って入っての9位は開発が順調であった証左でしょう。

日曜日 決勝
ポールのロズベルグに対しハミルトンは最後尾。楽な展開が予想されます。スタート直後に2・3・4位のフェルスタッフェン・ライコネン・ベッテルが接触し下位に沈みます。ロズベルグにすれば益々優勝が近くなりましたが、ハミルトンとの順位差を付けたいならやはり上位に居てほしかったところ。一方のフェラーリは折角のチャンスを同士打ちで失ってしました。
そんな混乱のスタートのなかでアロンソは12位、ハミルトンは13位まで順位を上げてきています。このあたりは流石です。
隊列も落ち着いてきたころ、オールージュを駆けあがったところで大きな白煙。マグヌッセンの単独スピンでした。タイヤバリアが全部吹っ飛ぶほどの酷いクラッシュでしたがマグヌッセンは自力でコックピットから降りて自分で歩いてました。多分大丈夫でしょう。これによりセーフティーカーが出てましたが結局赤旗中断。そういえば赤旗中断って最近はほとんどなかったような気がします。
レース再開。この時点で結果的にピットタイミングに恵まれたアロンソが4位を走行。久しぶりに上位を走るマクラーレンでした。この後は徐々に順位を下げていきますが、結果7位入賞。素晴らしいです。
この後は大きな波乱もなくロズベルグの独走でした。ハミルトンが18台抜いて3位。2位には順当に順位を守ったリカルドでした。

次戦はイタリアのモンツァです。最も高速のコースでありエンジン(パワーユニット)の優劣が勝敗を分けます。改良版ホンダエンジンがどの程度のものか、ここで明らかになるでしょう。ちょっと期待です。

DAZN
イギリスの動画配信サービスをやっている会社だそうです。ダゾーンと読むらしい。
月額1750円で130以上のスポーツコンテンツが観れるそうで、今週末からその中にF1も追加されました。
ネットの感想を眺めてみると、画質が良くないとか、カクカクするといった否定的な意見もあれば、とりあえず視聴には耐える画質であったとか、フジから乗り換えも検討できるなんて肯定的な意見もありました。

とりあえず1カ月無料で試せるそうです。
https://www.dazn.com/ja-JP



posted by SSS at 01:09 | F1 2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

リオ閉会式 東京大会プレゼンテーション

色々と不安視されていたリオ・オリンピックも、あっという間に終わってしまいました。

日本は過去最高の成績だったそうで、金メダル12に銀8銅21という素晴らしいものでした。

個人的には男子400メートルリレーでの2位と女子卓球団体の銅メダルが嬉しかったです。

一方で、最も注目していたマラソンは男女共に惨敗。力負け以前で全く勝負にもならなかったのが残念。

競技自体も素晴らしかったのだけれど、閉会式の東京大会プレゼンテーションもとても素晴らしいものでした。

安倍総理のマリオコスプレが注目されましたが、全体の構成・演出も最高でした。

未見の方はお見逃しなく。11分30秒です。


posted by SSS at 23:41 | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

磁石でピタゴラスイッチ



NHKの番組「ピタゴラスイッチ」に出てくる「ピタゴラ装置」というのがあります。

手近にあるものを使って組み上げられた装置に対し、初手を加えることにより動作が連鎖的につながっていくものです。ドミノ倒しを身近な道具で再現したようなものです。

上の動画は小さな鉄玉と磁石とを組み合わせて作られたピタゴラ装置のようなもの。

一度見始めると最後まで目が離せなくなります。
posted by SSS at 00:26 | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする