2016年05月30日

F1 第6戦 モナコグランプリ



世界で2番目に小さい国であるモナコの首都(首都しかないんだけど)の市街地で開催されるモナコグランプリ。
コース幅が狭く追い抜きがほとんど不可能であったり、コース両脇をガードレールで固まるために、ちょっとのコースオフがリタイアに直結するなど近代F1レースを開催するのは本当に無理なんだけれども、伝統あるこのサーキットでのレースを移すこともできず、セレモニアルな意味も含めて存続されている。

今季のレースエンジンで混乱したレッドブルは来季以降もルノーのエンジンを使うことを発表。
捨てバイザーのポイ捨て禁止。
来季から「ハロー」とかいう変なドライバ保護装置の採用が決定。

木曜日 練習走行
いつもは金曜に行われる練習走行ですが、モナコだけは金曜にオマツリがあるので木曜に行われます。
市街地コースなのでコース内にマンホールとか車線とかあるんですが、ロズベルグ車の通過で外れたマンホールの蓋が後続のバトン車の左フロントタイヤに当たるという事故が発生。やぱり安全装置は必要という議論の流れに。
タイム的にはいつも通り好調なメルセデス2台を抑えてのレッドブルのリカルドがトップ。
開催前に大口を叩いていたマクラーレンはいつもの場所。

土曜日 予選
前戦優勝のフェルスタッフェンが車をぶつけてQ1早々にリタイア。アロンソはQ3に進むも10番手。ハミルトンはマシンの調子が悪いものの最後の一発勝負で3位につける。ポールはマシン特性がここに合っていて、前戦で優勝をポロリと逃したリカルドがもぎ取りメルセデスの連続記録を止めた。2位のロズベルグとは0.17ぐらいの大差であった。

日曜日 決勝
雨の予想50%なんて噂がありましたが、レース開催時は土砂降りのフルウエット。セーフティカーを先頭にコース上をグルグルと路面状況が改善するのを待ちます。

7週目からレース開始。中団以降で早速アクシデントあるもレースは続き、トップのリカルドが独走。二位のロズベルグは全く着いていけない。なお、ロズベルグ車が全然だめだった理由は今時点でも良くわかってません。3位のハミルトンはロズベルグに順位を譲ってもらってトップを追いかける。あっという間にロズベルグを置き去りに。やはりマシンの調子が悪いのかも。

雨は小ぶりになる中で、各車がフルウエット・インターミディエイト・ドライと2回ストップの作戦のなかで、ハミルトンだけがフルウエットからインターを経ずにドライに履き替えるという変則的な作戦に出て、これが功を奏することになる。
順調にいけば優勝を手にするハズだったリカルドはピットのミスで順位を下げる。ソフトタイヤを準備していたがウルトラソフトを履くことになった連絡が上手くとれずにピットした時点でタイヤがなく、大幅にタイムロスし、この間にハミルトンにトップを譲っての二位であった。

リカルドにすれば、前戦は余計なピットストップを強いられ、今回はピットの連絡ミスで優勝を逃すという不運続きとなっている。

なお、マクラーレンはアロンソがトラブルやアクシデントを掻い潜っていつの間にやら順位を上げての5位入賞、バトンも9位入賞となりダブル入賞という嬉しい誤算に。

フルウエットからドライへ変わる難しいコンディションですが見ごたえのあるレースでした。

ハミルトンの今季初優勝、ロズベルグの不可解な失速、マクラーレン復調、フェラーリが表彰台を逃す、ザウバーがチームメイト同士で同士打ちなんてのもありました。

次は一旦北米へ飛んでのカナダグランプリ。日本では時差の関係で決勝開始が午前3時からという観戦の難しい時間です。やはり月曜は休みをとって生中継を見たいところです。


posted by SSS at 23:22 | F1 2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

F1 第5戦 スペイングランプリ

開幕のオーストラリアから始まったシリーズは飛行機で各国を巡った後に、いよいよヨーロッパ戦線での第二の開幕となる。各チームともこの契機に新しいパーツ投入なども行われるのでチーム状況の変化が表れやすい傾向もある。
レースはシーズン前のテストでも使われているバルセロナのカタルーニャサーキット。長い直線も低高速コーナーもあって速いマシンが勝つコースである。

大きなニュースとして、レッドブルチームのクビアトとトロロッソチームのフェルスタッフェンがシート交換となった。シーズン途中では珍しい。ビッグチームへの昇格となったフェルスタッフェンはいいだろうが、事実上の降格となるクビアトはショックであろう。

もう一つ。2チームが走行中のみタイヤの空気圧を下げて走っているという噂。この2チームというのはどうやらレッドブルとトロロッソらしい。お咎めはないようだが、今後は監視の目も強化され使えなくなる。

金曜日 練習走行
新しいパーツが試されることから注目された練習走行はタイムとしてはメルセデスとフェラーリとが拮抗しているかにも思えたが、どうやらメルセデスは三味線を弾いているよう。マクラーレンが常時上位に名を残すようになっていることから開発は上手く行っていることが伺える。
土曜日 予選
ハミルトンが3戦ぶりにポールで二位のロズベルグに0.28秒差。3,4位はレッドブルでリカルドとフェルスタッフェン。Q3まではフェルスタッフェンが速かったのだが最後はリカルドがファーストドライバーの意地をみせての上位。以下フェラーリの2台が続くが、好調と思われたフェラーリがトラフィック等の問題もないのにレッドブルに後れをとったのが意外ではあった。
スペイン地元のアロンソが10位。マクラーレンのQ3初進出であった。
日曜日 本選
抜きどころの少ないコースレイアウトなので予選順位とスタート直後が重要となる。ポールから綺麗なスタートを見せたハミルトンだが、スリップを利用したロズベルグにあっさりと綺麗に抜かれてしまう。同様にスリップを使いオーバーテイクをしようとするもロズベルグと接触し2台揃ってリタイア。最悪の同士打ちとなっていまう。元々が確執ある2人だけにしばらく問題が後をひきそう。
レースはレッドブルとフェラーリとの4車による素晴らしいトップ争いがファイナルラップまで繰り広げられる。見ごたえのあるレースを制したのはレッドブルへの移籍初戦となるフェルスタッフェン。18歳227日での優勝はF1最年少記録。
なお、予選から好調だったアロンソは中盤にマシントラブルでリタイア。バトンは9位入賞で久しぶりのポイントゲット。メルセデス2台とアロンソのリタイアがなければ惜しくも入賞を逃すといういつものポジションであるだけに、今回のアップデートパーツも他チームとの比較では期待したほどでもなかったと言えなくもない。

次戦は特殊な市街地コースであるモナコグランプリ。速さを取り戻したかにも見えるレッドブルには元々合うコースと言われているので要注目。メルセデスの二人にも注目である。
posted by SSS at 00:51 | F1 2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

ピンクになった白いタオルが白に戻った方法の紹介

タオルというのは重くもないし嵩張らないし高額のブランドものもあればそれなりのまで様々で、だからでしょうか贈答品なんかによく選ばれる。

別段収集している訳でもないに不思議といつの間にか溜まっていく。だから、自分用に購入する必要なんて全然無かったのですが、とても評判のよい「今治タオル」が欲しかったのです。若干躊躇しましたがポチりました。

お高いのはどこまでも高いのですが、それなりのものもあるんですね。試してみたのはこれです。



4枚組で1800円。無料の頂きものが余っているのがあると考えるとちょっと高い気もしましたが、使ってみて納得。値段以上の使い心地でした。

初めて使った時の感想は、良い物だけれど想定の範囲内でした。これが半年使い続けて何十回も洗濯したのに全く使い心地がヘタらない。生地の解れもないし、柔軟剤なしなのにフワフワが続いてます。驚き。

流石今治です。

そんなお気に入りとなったタオルですが、いつの間にやらピンク色っぽい感じがしている。一度気にり始めると気になるもんでよく見るまでもなくピンク色になってきている。漂白剤に漬け置きして洗濯しても変わらない。

ネットで調べてみるとピンクの原因は細菌なんだそう。ホンマかいな。
ちゃんと洗濯してるし、匂いもしないんだけどなぁ。

対策としては漂白剤と一緒に鍋で煮るといいらしい。
やってみたいですが、タオル煮詰めることができるような鍋なんてないし、そんな用途で使った鍋で調理もしたくない。

そこで試した方法が以下の通り。

1.ポットや鍋で湯を大量に沸かす。
2.湯桶にタオルと漂白剤を入れる。
3.沸騰した湯で漬け置きする。

ポイントは酸素系漂白剤を使うことと、湯の温度が高いことですね。

洗濯槽の掃除の時もそうだったんですが、酸素系漂白剤は40℃以下だとあまり効果がないようで、人肌以上に熱い温度だと効果がでてくるようです。経験則から思うに熱ければ熱いほどよい。

小一時間ほど漬け込んだタオルをそのまま洗濯機で洗濯してみたら、綺麗に購入時の白さに戻ってました。柔軟性も問題なし。

ピンクになって捨てるか買い替えを検討の方はお試しあれ。
posted by SSS at 01:12 | 日記 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする