2015年10月26日

F1第16戦 アメリカグランプリ



レッドブルの来季エンジンの問題は進展なし。結局またルノーだとかV8NA使うだとか噂出てくるも、来週にバーニー御大の指示でなんらかの発表があるとのこと。いづれにしろ時間がない。

アメリカグランプリはテキサス・オースティンにある「サーキット・オブ・ジ・アメリカズ」というコースで開催され、今年で4回目。御多分に漏れずティルケデザインだけど、所謂ティルケサーキットではなくて面白いコース。反時計回りと40メートル級の高低差が特徴。

今年は観測史上最強といわれるハリケーンがメキシコに上陸とあって悪天候が一番の問題でした。

金曜日 練習走行
P1はセミウエットの路面状況。各チームが何をやっているのかわかんないのでここのタイムはあまり参考にならないが、メルセデスとレッドブルが上位で、新型エンジン投入でちょっとだけ期待されたアロンソは9位と上々。
P2は日本時間で土曜日の午前4時から。日本はまだ夜明け前で暗いが中継先のアメリカも同じように暗かった。暗雲立ち込め横殴りの雨。ディレイ(開始時間遅らせる)となるが路面状況の改善の見込みもないのでスタッフたちはリラックスモード。中継も手持無沙汰だが普段では聞けない話やパドックの様子などそれなりに楽しめた。走行自体は結局中止。

土曜日 予選
予選前のに行われるP3では、フルウエットなのに全チームが最初からタイムアタック。天候悪化が予想されていることと、予選取り消しの場合はP3のタイムが予選結果となるため。

予選は翌日午前9時に延期。

日曜日 決勝
予選決勝同日開催。予選はフルウエットコンディション。タイム的には昨日のP3よりはマシなぐらい。
Q1,Q2はなんとか行えたがQ3はコンディション悪化で中止。ポールはロズベルグで次がハミルトン。以下リカルド・クビアトとレッドブル勢でベッテルが5位。アロンソは11位で今季最高。Q1まであと0.05秒でした。これがエンジン改良によるものかはわかりませんが。

決勝は雨が上がっているも路面はウエット。全車インターミディエイト(浅い溝の雨天用タイヤ)が義務づけられている。スリックタイヤへの交換タイミングが肝となりそう。
スタート直後にロズベルグとハミルトンとが接触。結果ロズベルグがコースアウトで順位を下げる。今年なんどか観たシーンの再現となる。後方ではボッタスが単独スピン。これをよけるためにアロンソが大きく順位を下げる。残念。
その後はサバイバルの様相。各所でコースアウトやマシントラブル。特に第10コーナーの処に水が残るようで各車が同じようにスリップしていた。また、通常は20台で走っていればあっという間に走行ラインはドライになっていくのに、あまり路面が乾かない。舗装が特殊なのかな。早めにスリックに変えたボッタスやグロージャンはマトモに走行できずスグにインターに戻している。結局スリックに変え始めたのは20周前後だからかなり遅かった。スタート直後の接触で4位まで下げたロズベルグはトップまで返り咲き。ウエットコンディションで速さを見せていたレッドブルは路面が渇くに従い後方に下がっていく。順位を大きく下げたアロンソは6位までポジションアップ。終盤、ロズベルグは痛恨のミスでスリップコースアウトしトップをハミルトンに譲る。終盤まで上位をキープしていたアロンソはエンジントラブルで順位下げて11位。荒れた展開に滅法強いバトンが5位入賞という結果。

これによりハミルトンのワールドチャンピオンが決定。

次戦は来週(今週末)にメキシコグランプリ。23年ぶりの開催となる。
posted by SSS at 11:40 | F1 2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

F1 第15戦 ロシアグランプリ

日本グランプリで引退発表かとの噂の流れたジェイソン・バトンは契約更新で来年もマクラーレンに乗ることが発表された。

倒産目前だったロータスはルノーが買収で来年からはワークスチームとしての参戦が決まる。

ルノーエンジンと喧嘩別れしたレッドブルはメルセデスから断られ、フェラーリには旧エンジンなら供給可能との提案を拒絶し、ホンダはマクラーレンだけで手一杯、新規参戦の噂のアウディは親会社のフォルクスワーゲンと共に排ガス規制違反で窮地となり、とてもF1参戦の余裕はなし。したがって、いまのところ載せるエンジンがないという状況。場合によっては撤退するとのことだがそれも現実味を帯びた話になってきた。

さて、日本グランプリから二週間、第15戦目の会場はロシアのソチ。

冬季オリンピック跡地に建設されたサーキットは昨年が初開催で今年は2回目。

市街地のような90度コーナーが目立つもエンジンパワーが物を言うコースであり、メルセデスエンジンを使うチームが有利。フェラーリがどこまで追いすがれるのかが見所。ホンダは最後のトークンを使った改良を行ったとのことだが期待薄。

金曜日 練習走行
2回行われる練習走行はいづれもウエットコンディション。明日以降は天候の回復が見込まれるので敢て雨中を走る理由もないのかどのチームもほとんど走行せず。

土曜日 予選
予選前に行われる練習走行でトロロッソのサインツが大クラッシュ。ヘリコプターで緊急輸送されメディカルチェックを受けたが別段問題ないとのこと。予選の出場は無理だが決勝では走るとのこと。

Q1からQ3までノックダウン方式で行われる予選方式でいづれもロズベルグがトップ。久しぶりに好調さが伺える。ハミルトンは最後の予選でミスをしたために2位となるも余裕綽々か。3位にはメルセデスエンジンを積むウィリアムズのボッタスが付ける。なお、チームメイトのマッサはトラフィックにひっかかったのと自身のミスとが重なっての15位。ロシア出身のクビアトもタイミング逸しての11位との結果であった。

日曜日 決勝
ドライコンディションで行われた決勝戦。ポールのロズベルグはスタートのミスが続いているだけに注目されたが、問題なくスタートを決める。ハミルトンに並ばれる場面もあったがなんとかトップを死守。後方では6番手だったヒュンケンベルグがスピンしたところにエリクソンが突っ込んでセーフティカー導入。その後は問題なく進むかに思えたがトップのロズベルグがマシントラブルでリタイア。これでトップに出たハミルトンはそのまま優勝という最悪の展開。ピットに車を戻しヘルメットを取ったロズベルグの表情はなんとも言えないもの。やはりレースで勝負してもらいたかった。
残り1周でトップのハミルトンと2位のベッテルは安泰。3位争いが過熱。3位を死守したいペレスだったが、ボッタスとライコネンに抜かれてゴール目前で5位まで転落。直後にボッタスとそのインを突いたライコネンが接触。ボッタスはリタイア。ライコネンはサスペンションを壊して車体を引きずりながらもなんとかゴールに辿りつてい5位。ペレスが元の位置に戻っての表彰台となった。なお、ボッタスとライコネンとの接触は審議の模様。ライコネンが無理しすぎに見えるもののボッタスの後方不注意と言えなくもないか。

なお、ロズベルグのリタイアとベッテルの2位入賞により、ポイントランキングも順位入れ替え。これも予想だにしなかった結果。

さて、次戦からはアメリカ・メキシコ・ブラジルという北米・中米・南米シリーズ。時差の関係で日本だと月曜朝方の放送になるので視聴が難しい。予選は日曜午前3時から、決勝は月曜午前4時から。早寝早起きしますか。

追記
最終ラップのボッタスとライコネンとの接触はライコネンに30秒のペナルティで5位から8位に。
これにより、コンストラクターズタイトルが決定。もちろんメルセデスチーム。
posted by SSS at 01:10 | F1 2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月10日

Fantastic Four

マーベルの人気シリーズの最新版。

公開初日に観てきました。人気シリーズの筈が観客も疎ら。

そういえば宣伝や予告上映も見かけなかったし、なぜか3D版の上映もなし。

でも、上映が始まったらその理由がわかりました。全く面白くない。

これは酷い出来でした。先行上映しているアメリカでも非常に評価が低いとのこと。そりゃそうさ。

ストーリーは能力者4人の誕生前後の話。3/4ぐらいは興味の薄い話が延々続きます。

ウィットもないしリアリティもない。なんでこんな脚本が採用されたのかという疑問だけが残ります。

後半2割ぐらいが、多分このシリーズに期待する能力者バトルCG演出なんだろうけれども、別段見どころもなし。予算が足りないのかなぁという他人事の視点で眺めているうちに話しは終わる。

こりゃ興行的に失敗は必然ですよ。マーベル最低作品と言われるに値する出来でした。

強いて言えば、ヒロイン役のケイト・マーラという女優さんが綺麗でした。そんぐらい。

どうやら続編はあるようなので、そちらに期待ですかね。

物凄く期待値を下げていれば、もしかしたら楽しめるかも知れません。

お勧めはできませんが。

posted by SSS at 02:55 | 映画 2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする